2021年9月9日木曜日

近況報告

 半年空きました。後で振り返って思い出すように近況報告。

去年秋に電話したら「父が畳に座ってて勝手に寝転んでしまう」というので、それは救急車呼んでも怒られないと思うよと言っていたら、その日の夜家で転んで股関節を折ったのがきっかけで入院。新コロナで直接面会はできずに病院にタブレット面会を予約して話をする状況。家に帰りたがったり、リハビリ頑張ると言ったり(実は父が自分で頑張ると言ったのを聞いたのはこれが初めて)とはいえ、以前(10年前に心筋梗塞やって、白内障の手術しそびれて、自動車免許返納してお絵描き教室に行かなくなって)からだんだんこれはボケているなあ、でも株の話をするとしゃきっとするようにも見えるし、集中力散漫という状態か、というのがだんだん進行して。
もともとかきこむようにご飯を食べ、躓きそうに前のめりで歩く癖を直せと言っているのに「ずっとこうやから今更直せへん」と言っていたのが仇になったか。

本人元気なつもりでも
前のめりで歩かれると転倒を心配して介護士付きっきり、といかず車椅子生活になる、
かきこみでご飯食べると嚥下障害が心配なので、点滴になる、
そうなると弱る、そういうことなのかあと思った。

怪我をすると治療目的で3か月入院できるが、その後は自宅に戻るか施設の空きを待つか特養か、母は自宅で見るのは無理!というので施設を妹と見学したりしていたが、5月の連休明けに転院することになった。ところが連休中に転院することになったと電話があり、急遽5/2に滞在先の熊野から神戸へ。
転院の合間にはエレベーターホールで直接逢えるし、転院先で病室を準備する間の処置室でも会える、とのコロナルール。三姉妹夫婦で会った。「思ったより顔色が良いね」というと少し首を左右に振って「あかんあかん」としたので、なんだレスポンスは良いなあと思っていた。

その1週間後に妹から亡くなった連絡が届いた。母と妹が立ち会ったし、前日に叔母さん(父の妹)も会えたし、良かったんだじゃないかなあ。

特に母には意味のない面倒をかける(生活のペースが合わないとか、いらちの割に臆病とか、いらん憎まれ口をたたくとか自分勝手、語彙が無い割にかまってちゃんで自慢したがるが大したことない)難儀な人だったが、酒女博打しない、娘三人大学までやってくれたし、未練たらたら散々ぶー垂れててもいざとなると素直に従ったり、客観的にはかわいい性格だったなあ。このエンディングもだらだら後に引かないところが父らしいといえばそうだし。

お葬式のときに父が好きな音楽として100均で売ってるイタリア歌謡CDがかかってて、へえお父さんこんなん好きなんや、音楽聴く人とは知らなかった。

8月に百か日と初盆で帰省して、それまでも初七日から毎週お坊さん来てもらっていたようで、うちそんなに信心厳しくなかったけど、そういうところちゃんとしようとするのは昭和一桁だからかしら。そのときに家族旅行で集めた各地の郷土玩具や土鈴を整理してFacebook経由で引き取っていただける人に譲ることができたのもよかった。見方によれば家族が解散する準備のようにも見えるが、こういうさっぱりした父母の終活は自分も共感できるし、今までになく尊敬している。

それにしても母は父が入院してから一人で邪魔されず同じ会話を繰り返さずに日常を送れて大変ノビノビとお絵描き教室やヨガ、映画鑑賞(コロナなのに)、断捨離しているのが今のところほっとしております。


2021年2月19日金曜日

松涛美術館公募展に入選した(新コロナがきっかけ)

 去年の3月から世田谷の奥様と絵を描く活動は休止している。とはいえ描かなくなるのもコロナに負けたような気になるので、月に2-3枚は描いてインスタにアップしたりしている。

松涛美術館公募展の募集チラシは過去に何度も見かけていたが、公募展を見に行ったこともなくずっと渋谷で暮らしていた。今回たまたま10月ごろにふと一念発起して”そこそこ大きいサイズの絵を描いて、気が向いたら出してみよう”ということにした。
山梨のベランダから見える紅葉が綺麗だったので、最初は透明水彩で描いてみた。苦労して描き重ねているのかさらっと描いてるのかわからない仕上がり、描いているうちに木が地面から生えているパターンや特定の枝の重なりを描きたいなあ、とテーマがだんだん見えてきた。いわゆる縦長構図でなく極端に細い長方形とか正方形で描きたいな、とか。
クリムトが庭木を描いていたのは正方形だったか。マッツグスタフソンも地面から木が生えてるのを描いていた。

世界堂で正方形のキャンバスを見つけたので、アクリルガッシュで描いてみた。ベランダの手すりより高い位置から見るためにイーゼルも椅子も背が高くて手こづった。地面の細い萩の枝を描いたり葉っぱを重ねているうちに抽象な気分になった。描いてみると木の背が高くて上まで入らない。後日一本まるごと木を描くのに綿半で桐の棚板を買って描いた。首が動いて見上げているので正確も何もないが面白かった。計5回描くうちに季節が移って葉が落ちて枝のシルエットが強調された雪の日も描いてみた。

正方形のを出してみようかと決めて、ネットで正方形の額を探したら、あるもんですねえ、キャンバスの枠に直接固定する仮額というのが。紅葉の赤が合うのでゴールドにした。

松涛美術館に搬入が年末、年明け早々に結果通知がはがきで届く。例年だいたい120枚くらい応募で60枚くらい選ばれて公募展出品となる。渋谷区在住・在勤の絵を描く人ってこれぐらいいるのか。無料配布の図録に作品の写真が掲載される、これは記念になっていいわね。行けない人にも説明しやすいし。
松涛美術館は井戸の中のように円筒な展示壁で、点数も多くないので2段掛けとかしないし、贅沢だった。よく行く美術館ではないと思うが、古道具坂田展(これはすごくよかった)とか船越桂とか独特な企画展の印象が強い。あ、一度水彩画教室4回ものも行ったか。

今回入選したほかの人の作品。律儀に渋谷駅の工事の様子を(おそらく写真から)水彩で描いてる、これはかなり社会人になってから絵を趣味として始めたんだろうなあ。一方これは美大で描いてた人だな、とか。刺繍の作品とか抽象もあるし。学生優秀賞の絵(台所の絵)と肉パック408円を描いたのが好きだった。選者の好みなのかな、松涛美術館の個性が出るのか。

同時開催の南薫造展、この人知らなかったが水彩油彩こだわらず、風景静物さらっと描いて立体感遠近感の抜けが良くて、変な力が入ってないのびのびした印象が良かった。公募展の方が妙な意気込みが見え隠れしてるのに、上手で名のある人の絵が清々しいのはなんか悔しいな。明日から東京ステーションギャラリーで個展開催だそうだ。

facebookで告知したら沢山いいね!いただいて恐縮です。りかさんひっちゃんも見に行ってくれた、ありがとう。図録見てしうじせんせいが「この絵ちょっと好き」とトカゲのシルエットの絵を挙げてたり、時々ジムで会う人の娘さんが女子美の彫刻だと判明したり、クライマーと絵の話をするのも楽しいね。





2020年12月26日土曜日

新コロナがきっかけ:おこもり別荘ライフ

 新コロナに明け暮れた2020年が終わろうとしてます、お疲れ様です。来年は早く収束しますように。
それにしてももびさんがたまたま別荘(”どんぐりロッジ”というもっさい名前で呼んでいる)2018年秋に一念発起してその年のクリスマスには購入していたんだが、よかった。stay homeの延長で山に行ける、なんといっても密でない環境にいられる、ありがたやー。ちなみに今年は中古別荘が品薄になったそうで。

県外ナンバーが駐車してると嫌がられるというので、食材一切を東京で買って、休憩なしで到着、休日は車を出さずに過ごし(近所の散歩はしてたが、1人くらいしか出会わない)東京へ直行で戻る。自粛期間もこれでずいぶん気分転換になった。テレワークもzoom飲み会もトライした、なんとかなった、ありがたやー。
牛乳や肉は冷凍して、卵も野菜も(折角野菜の美味しい所に行くのに東京から持ち込むのはやや勿体ないが)ホケミ、パスタ、パン等諸々持ち込む。

今年はテレワーク生活もあって、ご飯作って食べる機会が増えて、リュウジサイトでレシピ見たり、カレー丼とかラムしゃぶとかテレビの画像イメージ先行で作ったり、コストコデビューして新規食材(ロティサリーチキン、ベビーホタテ、明太子ペースト、コムタンスープなど、りかさんありがとう)を取り入れたり、作る味の幅が広がった気がする。

ということでこの年末も食材持ち込みでクリスマスからお正月までやりくりする予定。事前にコストコに行ったらスタート出遅れて駐車できずに近所のハナマサに行った。ハナマサのPB品、コンビーフやイベリコ豚ジャーキー美味しいよ。

クリスマスはハナマサのラムしゃぶ肉にインスパイアされた湯豆腐ラムしゃぶにトライ、おいしゅうございました。ケーキはシャトレーゼスキー場(12/25までは50歳以上はリフト一日券1500円!)でサンタのスノーモビルに並走してスキーでやってきた着ぐるみライオンに李恵夢いただいたり、喫茶コーナーでロールケーキいただいた。シャトレーゼって関西のタカラブネとかコトブキみたいな感じやね。Gotoはもともと買ってなかったので、のんびりしております。

2020年12月22日火曜日

新コロナがきっかけ:e-taxしててよかったわ

 新コロナと関係ないのかもしれませんが。

お役所関連が捺印不要オンライン化を進めるとのことです。

自分に関係ないと思っていた持続化給付金も(薦めてくれたじんくんありがとう)10日ほどで無事いただけたのは、e-taxしていたのでマイナンバーカードにカードリーダーを紐づけていたのと、申請が画面のスクショでできたのが手続きが簡単になってると思う。
e-taxは税務署のざわざわした感じが苦手だったのと、折角予算かけて電子化しようとしてて、いずれ電子化されるんなら早めに乗っておこうと思った。マイナンバー以前の住基ネットカードから使っていた。
twitterとか見てるとマイナンバーdisる人そこそこいるし、実際サラリーマンはあまりメリットないし(マイナポイントがもらえるからってマイナンバー取得するかというとどうだかな)、今年も年末でマイナンバーカードのコピー裏表を郵送で送ったりしてるけど。
電子情報の更新とカード自体の更新のタイミングが違ってたり、持ち歩いたらいいのか悪いのかよくわからないし、e-taxはついこないだまでmac使えないとかwindowsでもexplorerしか使えないとか、あかんとこ一杯あるけど、

ともかく至らないとこ一杯の仕組みのブラウザで申請することに慣れておいてよかった。思えばオリパラのチケットもそんなにストレス感じなかった、オリパラどうなるか知らんけど。

そしてこれからも電子化していくんならこういう調子なんだろう。親にも教えられるレベルじゃないめんどくささなので、自分がこういうの理解できる年齢のうちに触れておいてよかったわ。



2020年12月21日月曜日

新コロナがきっかけ:バスケ引継ぎ

以下誰に読んでもらうかわからんが:

毎月第1&3日曜の午前、
 中学校の体育館を借りて赤坂バスケのとりまとめをしている。
思い返すと入社5年目くらいか、もびさんが同僚のマック他と立ち上げて、事務局引き継いで20年くらいか。
乃木坂のミッドタウンが防衛庁だった頃からだし、それ以前にも他の中学校の体育館借りてたし。

もびさんはもともとバドミントン部でバスケは社会人から。
ワシは中高大とバスケ部だったが、もともと中一のときに最初に友達になった子に“一緒にバスケ部はいろうよ”と言われて、運動苦手なのに入ったらその子は体が弱いとかですぐ退部して、そのまま残ったのがきっかけ。(中学生の初めに3点シュートルールができたくらいいにしえの話)
熱心でも大好きでもないが、シュートが決まったり、意図したセットプレーが決まると気持ちいいし、ぐらいの理由で続けていた。
40歳になって45歳になって、いつまでバスケやるんかなーと言いつつ、
だんだん“辞めたら走れんくなる恐怖
“でやめそびれた。

一時は武蔵野市のリーグの試合に参加したこともあったが(おかげでギスギスしてた時期)
今は”バスケットボール練習”の練習じゃなく、それ自体が目的になってる。
走ってシュートしてバスケができたらそれで楽しいのよ。
構成メンバーもどんどん入れ替わり、何度も”こりゃー10人集まらないなあ”という時期もあったが誰かが友達を連れてきてくれてなんとか人数回復した。たまに数年ぶりにひょっこり顔出してくれる人もいた。
ありがたやー。

港区の施設を港区在勤者という枠で利用させてもらっていたが、
いよいよ事務所が移転の可能性が出てきたり、ワシらそろそろ定年なお年頃だし、
今借りてる中学校も建て替えで仮校舎ナウ、2年後に戻った時(小中一貫校になっているらしい)に施設利用の仕組みがどうなるかわからんし、仮校舎の今の3年の間に誰かに引き継ぎたいなーと思っていた。

一方新コロナで3月から施設開放は中断。だめもとで担当の先生と連絡とりつつ、8月
検温消毒の徹底で再開。ありがたやー。
他の社会人バスケ部活はどうなっているのだろうか、会社によっては禁止しているところもあるのだろう。
思ったほど人は集まってないが、こういう状況でほぼ毎回来てくれる人たちが一定数いて
なんとか3対3とか4対4とかプレイできている、ありがたやー。

来てくれているハヤシくん達(ドリブルインもフェイクも外からのシュートもばんばん入るし、セットプレーをブラッシュアップしてる強い人たち)から”ぼくら決まってる体育館が無いんです”と相談されたので、”あーこちらこそ誰かこの時間枠を引き継いでくれるチームを探してるんです”ととんとん拍子に話が進んだ。

昨日12/20は今年最後のバスケ、ゆうくん来れなかったの残念だがサガワさん来て頑張ってた。じんくんいつもありがとう。

ハヤシくんチーム4名対赤坂バスケチーム5名(それにしてもハヤタさんは新コロナ以降で仲間度上がったなあ)でオールコート8分を1時間半。1試合目、ひゃーオールコートが何か月振り走れませんよのぼろ負けだったのが、だんだん点が僅差になってときどき勝てたり。シュート入らないし、相手のセットプレーがゴール下からローポストにパス出しがわかってるのに結局かっとできなかったり、いろいろ反省点は多いが、新旧赤坂バスケ合戦みたいで年末の感慨深かった。

来年1月から2時間枠から3時間になって、若返りしてスピードアップすることになった。
こんなに続くと思わなかったし、引き継ぐほどの伝統もないので、どんどん変容させて港区の施設を有効利用して、学校の部活とは別のゆるいムードでご安全に楽しくバスケを続けられる世の中であり続けてほしい。
ワシらも時々行くので足を引っ張らないように頑張るつもりだが生暖かく得点付けて応援してるかもなー。

2020年12月19日土曜日

品川の原美術館が閉館する

 新コロナとは関係ないですが。数年前に館長さん交代してはったし。

老朽化だそうです。大学生の頃上京してデートで初めて行ったよ。白黒フィルムで写真を撮ったよ。レイノーのキーホルダーは今でも家の中探したら出てくると思う。

初めての頃はレイノーのタイルの部屋と宮島達男の部屋鹿常設はなかったんでないかな。京都には現代美術の個人経営のギャラリーと近代美術館(ここも現代写真展とかいまだに図録持ってる)があったけど、現代美術の最前線を私営でやっていて、見つけてくるアーチストもメジャーじゃなかったり、独特の原美術館テイストがあったり。
今ではMOTやICCや銀座エルメスのギャラリーや現代美術見れるところ増えた。


歴史的に価値がでる美術でなくて、なんで今若い人の作品でピックアップされるのか、ちゃんと見れて、目利きというほどではないが、現代美術の見方を教えてもらった美術館だと思う。

最後の展示は
Hara Museum Web | 原美術館 | 展覧会 | 光―呼吸 時をすくう5人
佐藤雅晴さんという人のが、実写のムービーの一部に線描とベタ塗のアニメーションを当てはめているのが、なんか新鮮で今の時代っぽいなあと思った。若いのに去年亡くなられたそうで残念。改めて窓でトリミングされた紅葉と写真の四角い対比が、この美術館でしか見れないなあと思った。中庭含め撮影禁止が残念。あとは玄関はいったところの不思議な構造の部屋の展示の感じは独特。
一部の常設(きっと奈良美智や森村泰昌の)はミュージアムアークに移設されるそうだが、屋外の古い公衆電話の彫刻や箒が並んでいるのはどうなるのかなあ。


ちなみに数年前からmovitiのocchi(めがねケース)をミュージアムショップで売っていただいている、これもどうなるのか未定。


2020年9月17日木曜日

新コロナがきっかけ:山水郷チャンネル

 グッドデザイン丸の内主催のzoon/youtube番組。週一回約50分。
東京でなく地方でデザインしている人にzoomインタビュー。井上岳一さん、藤崎圭一郎さんの
質問の方向が似てるようで結構違っていて短時間であっという間に切り込んでいく。
ミラノから帰国して長崎で活動とか、蘭のネット販売しながら猪退治でジビエブランドを作るとか、建築勉強してアートキャンプ先に移住した若い大阪の子 とか。ともかく若い人と地元の人に繋がっていくのが定着のキーポイントだな。カワグチさんの司会も淡々としていて普通で良い。
新コロナで自粛テレワークするなら東京でなくてもいいじゃないか、の気分もあって開始から聴いている。

ところで地域の名産をお洒落にリューアルってだんだんデザインテイストが似てきてるの
なんとかしたいようなしなくていいような。 白に細字の筆文字とか明朝体ブランドとか。

https://www.youtube.com/playlist?list=PLwcqihN97f6cnmbi2uF_aNgs2LJVK1BKR






追記10/5:そうか井上さんの質問は割とデザイン界で初対面では質問できない”お金”の話にダイレクトに切り込むのか。自己資本・融資のこととか家賃とか、質問されれば白水さんはスムーズに答えていたし、ビジョンがより明確になった。
藤崎さんは”プロジェクトのゴールの姿をどう見ているか”を質問するのもわかりやすい。

そうかデザイン、デザイナーの話を聞きに行くとそういうのがはっきり語られずに、綺麗ごとととれるような話に終始するから、自分はもやもやしてデザイナーへの信頼が揺らぐのか。35年経ってやっとわかった。