2020年5月13日水曜日

新コロナがきっかけ:suzuri

新コロナからの緊急事態、不便なこともあるが(一番悲しいのは登りに行けない山に行けない)きっかけにして新規手を出したことを記録しておこうと思います。

suzuriを使ってみた。

もともとは京都芸大のOBグループでのお題が”アマビエ”で、先輩から直々参加してくださいとのメッセージをもらい、試しに描いてみたら意外と良いものができた。twitterでアップしてみたらあんちゃんのフォロアーさんから”suzuriというのがあるよ”とおして教えてもらった。

https://suzuri.jp/ 2015年にはすでにあったのね、知りませんでした。

登録してjpeg(イラレデータではないのでスマホ画像でいける。)をアップ。なんか写真屋の”1個から作れるオリジナルマグカップ”というのはこんなんじゃないのか。今回は黒印刷だが、おそらくカラーも問題ないのだろう。

この図は初期型、グッズにする前に柄や文字間を整えた。口は敢えて非対称



アイテムを選んで画像サイズを調整。商品に載せたときのサイズや完成予想もわかりやすい。オサレな女の子の着用写真に自動的にコラージュしてくれたり。そもそもアイテムのラインナップがおしゃれで今風。キャップもオリジナルで作れるのは珍しいのかも。
プロフィールを整え、画像のタイトルと説明などを追加して公開。以上、あっけない。

あ、トピックとしては”トリブン”を決める。アイテムに関わらず統一価格、デフォルトは300円。単価の安いステッカーや缶バッジはトリブン比率が高いので上代が割高、Tシャツはトリブン比率が低いので安く感じる。柄付きのTシャツ2000円台なら安いよね。

事前にアイテム毎の数量を決める。私はてっきり事前に数量まとめて作るという意味かと思ったが、売れ行き見ながら後から数量変更できる。プレミアム感を出すのかな?数量を決める意味は何だろう。
在庫リスク無し、クレジットカードも使えるし、梱包発送、注文内容確認、支払い確認、できあがりのチェックも無し。なんとまあ。トリブンとの比率を考えるとまあ6割suzuriに持っていかれる感じだけど、この手間いらずっぷりは魅力的。

早速自分でもサイトから購入してみる。1週間くらいで届くそうだ。え、これ1個ずつ作ってるの?
SNSで告知してみたのが効いたかちょくちょく”誰かがズッキュン”した通知がメールで来る。
10日ほどして注文したステッカーと缶バッジが届く、普通に美しくできている。シミュレーション画像がそのまま実体化したみたいな不思議な気分。
売れたら売り上げ額とトリブンや売れたアイテム、日時の一覧も随時更新される。適当なところで”金にする”ボタンを押すと登録していた振込先に翌月末振り込まれるそうだ。


まだやってないけど非公開にして

究極の1点ものやプロトタイプが作れるのかな、1点ずつシリーズ5客揃いのマグカップとか。
データを作ればチームのナンバリングユニフォームも簡単。
今まで記念品をカスタムで作らない程度の記念日、誕生日・資格取得・退職とかでも少し気軽に作りやすい(もちろん柄を作る負荷はかかるが)。
ネット上イベントのグッズも公開限定して在庫リスク抑えて企画できる(先日DOMUNEの電気グルーヴのグッズは同様な仕組みのようだった)。後日送付だから在庫抱えなくてできるし、金額計算もシンプルにできそう。
いろいろ使い道がありそうな、というかモノ作り以外の部分に頭使う余裕ができそう。

モノ作りも商品としてパッケージ化されてるんだなー。

究極の大量生産x少量多品種の実現化だな。

今回はアマビエなのでトリブンを国境なき医師団に寄付することにした。私がちょこちょこランチ代にするよりも有意義にコロナ対策にお金を使ってもらおう。
もう少し自由に出歩けるようになるまで引き続きよろしくお願いいたします。
https://suzuri.jp/moviti_nori


0 件のコメント:

コメントを投稿