2020年5月15日金曜日

新コロナがきっかけ:オンデマンド授業

大学に入学したての1年生に絵を描く、レンダリング授業を4年前からやっている。3人の先生とEATAのチームでやっている。
例年は2月末頃から去年のプロジェクションするpdfを手直ししたり、タイムテーブルを見直したりした準備をする。

今年は3月頃から"学校に生徒のいないリモート授業の可能性がある"という話が出てきた。

その頃既にzoomミーティングはやっていたので、zoomでライブ授業か、先生達だけでも大学にいてやるのか、機材は現状ので問題ないのか等考えて、タイムテーブルを作ったりしていた。実習主体の授業はなんとか教室でやりたい、という話もしていたが、週を追うごとに外出自粛が厳しくなってきた。教室で実習はしない、zoomでなくオンデマンドにする、課題提出は写メで提出と週ごとに授業の仕様が変わっていった。

例年のpdfを手直しし、口頭での解説を合わせたムービー制作と実演をQuicktimeで録画、これは大学で半日で一発撮り。 

大学でのサーバーの仕様に合わせてどこに課題ファイルや宿題提出ファイルを置いたりはEAさんに結構助けてもらった。

宿題提出の締め切りを迎え、ドキドキで講評。よかった、伝えたいことは伝わっているようだ。講評は例年より長時間で細やか、ひょっとしたらこういうところは例年より良い授業になっているかもしれない。

改めてオンデマンド向けに作った他の先生の資料を見たり、自分も調べたりして資料を作ること自体が面白かった。

来年以降もこれでいいんじゃないか、みたいな話もでるんかな。講評があるから先生不要にはならないと思うけど。 後半の立体制作はさすがに教室でやりたいな。

授業内容がスキルを教える系の実習はなんとかなった。グループワーク系の授業はどうしてるんでしょうかね。

2020年5月13日水曜日

新コロナがきっかけ:ビデオ会議

2月だったか”zoom”で会議します、とメールが来てわけもわからず初めてのzoom会議。
招待のURLをクリックするといきなりアプリをダウンロードしたので少々びびった。

テレビ会議自体は勤めていたころ平たい卓上のテレビ会議システム使って数回やったか。あ、mikogoというのもやったな。書類共有がしやすいとかで。
https://www.mikogo.jp/

石巻と仕事したときskypeもやったな。PCのカメラが良くなかったか当時画像が見にくかった。
https://www.skype.com/ja/

呑み会はLINEやmessengerのテレビ電話機能を使って数回。実はずっと機能として装備されていたんだなー。こんなことがなければ使わなかった。
自分の声や顔画像、家の中が映るのにだんだん慣れてきた。顔に変なスタンプが付くのも慣れてきた。うちに人が来たときみたいに終了後はどっと疲れる。
平行して2つの会話は成り立たない(一番声の大きい人の発言が強調されてる?)が、zoomの書類共有でサイト見ながら話しをしたりできるのは普通の呑み会より突っ込んで話できて面白い。
既に家にいるのでだらだらと3時間くらいやってしまうので、ほんとに終了したいときは蛍の光をスマホから鳴らして終わっている。

背景画像、密かにおすすめはウエスアンダーソンの映画のjpeg。美しいです。


新コロナがきっかけ:suzuri

新コロナからの緊急事態、不便なこともあるが(一番悲しいのは登りに行けない山に行けない)きっかけにして新規手を出したことを記録しておこうと思います。

suzuriを使ってみた。

もともとは京都芸大のOBグループでのお題が”アマビエ”で、先輩から直々参加してくださいとのメッセージをもらい、試しに描いてみたら意外と良いものができた。twitterでアップしてみたらあんちゃんのフォロアーさんから”suzuriというのがあるよ”とおして教えてもらった。

https://suzuri.jp/ 2015年にはすでにあったのね、知りませんでした。

登録してjpeg(イラレデータではないのでスマホ画像でいける。)をアップ。なんか写真屋の”1個から作れるオリジナルマグカップ”というのはこんなんじゃないのか。今回は黒印刷だが、おそらくカラーも問題ないのだろう。

この図は初期型、グッズにする前に柄や文字間を整えた。口は敢えて非対称



アイテムを選んで画像サイズを調整。商品に載せたときのサイズや完成予想もわかりやすい。オサレな女の子の着用写真に自動的にコラージュしてくれたり。そもそもアイテムのラインナップがおしゃれで今風。キャップもオリジナルで作れるのは珍しいのかも。
プロフィールを整え、画像のタイトルと説明などを追加して公開。以上、あっけない。

あ、トピックとしては”トリブン”を決める。アイテムに関わらず統一価格、デフォルトは300円。単価の安いステッカーや缶バッジはトリブン比率が高いので上代が割高、Tシャツはトリブン比率が低いので安く感じる。柄付きのTシャツ2000円台なら安いよね。

事前にアイテム毎の数量を決める。私はてっきり事前に数量まとめて作るという意味かと思ったが、売れ行き見ながら後から数量変更できる。プレミアム感を出すのかな?数量を決める意味は何だろう。
在庫リスク無し、クレジットカードも使えるし、梱包発送、注文内容確認、支払い確認、できあがりのチェックも無し。なんとまあ。トリブンとの比率を考えるとまあ6割suzuriに持っていかれる感じだけど、この手間いらずっぷりは魅力的。

早速自分でもサイトから購入してみる。1週間くらいで届くそうだ。え、これ1個ずつ作ってるの?
SNSで告知してみたのが効いたかちょくちょく”誰かがズッキュン”した通知がメールで来る。
10日ほどして注文したステッカーと缶バッジが届く、普通に美しくできている。シミュレーション画像がそのまま実体化したみたいな不思議な気分。
売れたら売り上げ額とトリブンや売れたアイテム、日時の一覧も随時更新される。適当なところで”金にする”ボタンを押すと登録していた振込先に翌月末振り込まれるそうだ。


まだやってないけど非公開にして

究極の1点ものやプロトタイプが作れるのかな、1点ずつシリーズ5客揃いのマグカップとか。
データを作ればチームのナンバリングユニフォームも簡単。
今まで記念品をカスタムで作らない程度の記念日、誕生日・資格取得・退職とかでも少し気軽に作りやすい(もちろん柄を作る負荷はかかるが)。
ネット上イベントのグッズも公開限定して在庫リスク抑えて企画できる(先日DOMUNEの電気グルーヴのグッズは同様な仕組みのようだった)。後日送付だから在庫抱えなくてできるし、金額計算もシンプルにできそう。
いろいろ使い道がありそうな、というかモノ作り以外の部分に頭使う余裕ができそう。

モノ作りも商品としてパッケージ化されてるんだなー。

究極の大量生産x少量多品種の実現化だな。

今回はアマビエなのでトリブンを国境なき医師団に寄付することにした。私がちょこちょこランチ代にするよりも有意義にコロナ対策にお金を使ってもらおう。
もう少し自由に出歩けるようになるまで引き続きよろしくお願いいたします。
https://suzuri.jp/moviti_nori


2020年4月1日水曜日

comoleveのこと

自分のサイトをリニューアルしたら、このブログを半年更新してなかったことに気がつき遡って書きます。

comoleve.com

東京都中小企業振興公社の事業家チャレンジ道場に磯野師範から誘っていただいた。ちょうど3月で丸和製作所さんとの協働が終了していたので、同様の”金属板をレーザーカット”技術を持つケイエスレーザさんの新製品の開発のデザインをするのだ。

始めるにあたって丸和製作所にはお断りのメールしたところ、実はケイエスレーザさんとチャレンジ道場でお知り合いだったみたいで、励ましていただいた、いい人だ。

ケイエスレーザさんの社長の奥様Mさん(この夫婦仲良くて、友達のとこの夫婦みたいな微笑ましい雰囲気がこのプロジェクトの成功要因だと思うの)がテーブルコーディネートの知識/意識が高くて、テーブルコーディネートウエアを作りたいとのこと。10月顔合わせ2月のギフトショーの振興公社のブースに出品。正月はさむからあまり時間は無い。

いやあ知りませんでした、テーブルコーディネートの世界。せいぜいおしゃれなフルーツバスケットくらいしかイメージできてなかった。AXISのリビングモティーフで売っているような舶来のテーブルウエアは2-3万円くらいで堂々と売っている。ALESSIもこういうジャンルか。

テーブルコーディネートに高さの変化を付ける、ほんの10cmくらいでもメリハリができて全体が引き締まる。そういえばIKEAでも卓上卓袱台のような脚付きトレイ売ってる、あの原理か。

1stスケッチで構造とデザインテイストを数案提案したらMさんのイメージに幸いはまったようで、これがよかった。Mさん遠慮がちなようで結構好みがはっきりしていて、自分でも結構アクションしてくれる人、デザイナー尊重=投げっぱなし、決めない という人では全然なかった。指摘がめちゃ細かいけど、フォローも要望も的確。30年仕事していてベストクライアントかも。

ネーミングも最初私が提示してそれでロゴを展開してたら、なんか違和感あるみたいで、もやーっとしているので代替え案を絞り出して”あーもうだめだ思いつかない”と困っていたところ自力でcomoleve(木漏れ日/como(一緒に)lever(上げる)を提示してくれた。登録商標やネーミングのサイトとかもすごく探索してくれていたみたい。パッケージの試作も自力で業者探してかっこいいのを見せていただきびっくりした。一緒に創り上げる意識が強いそしてセンスが私と近い、ありがたい。

リーフレットなどに使う商品写真もMさん撮影のも光の回り方、グリーンのスタイリングがもう全然私より上手だし、手配も仕事も早いし。デザインて進めていると孤独だなあ、かといって複数デザイナー参加だと調整ややこしいしめんどくさい仕事だなあと思っていたが、こんなにばっちり仕事分担できるなんて夢のようだ。

商品デザインは基本的にはイラストレーターで作り、ライノセロスで仕上げた。ライノに入れて取説や知財資料も作った。2D3Dの地続きでデザインできた。試作も作っていただいて、実物のサイズ感、重量感も確認した。

2月のギフトショーを無事迎え(思えば会場でMさんにマスクもらったり新コロナがこんなに長引くとは夢にも思ってなかった)、いろいろ課題も見つかりつつ、まずは販路探索しつつゆっくり育てていくことになった。


それにしても新コロナ、残念なタイミングでほんと残念だわ。