2019年6月25日火曜日

使い捨てプラスチック対策は進むのか

自然界でほっておかれても早々に分解するプラスチックって20年以上前から存在してた覚えがあるのだが、
コストがかかるから普及しなかったのかな。
ここにきてどっかのコンビニのおにぎりのラップをエコなプラスチックにしたり(竹皮ならさらによし)、ストローを本来の麦の茎にしたり、コンビニ袋を有料にしたり、ここにきてエコが一段積極的になるのかな。いずれペットボトルも値上げ&タンブラー持参で飲み物を買う、となっていくのかな。
LED電球が気がつくと光の色も青白さが減ったし安くなって急に従来の電球から置き換わったみたいに。

コンビニ袋が炭カルになったとき(それ以前は普通の柔らかいビニール袋だったのか全然覚えていない)それ以来ごみ袋はコンビニ袋を使うようになったんだが、そんな風に生活が変わっていくのかな。炭カルは低温でしっかり燃えてダイオキシンが出ないんだっけ?

お弁当、卵やお惣菜の入った透明パック、ハンバーガーの入る発泡スチロールパック、100均棚のブリスターパック、醤油やからしのパック。ガムやたばこの表面のセロファン。東南アジアではカットフルーツやジュースをビニール袋に入れてストロー挿してる。実はデザインとか人間の知恵が形状に反映されていて面白いジャンルでもある。

プラスチックをポイ捨て禁止としても、些細なゴミをどこまでエコにするのかできるのか人間は。
成形防水性能が優れた紙素材でも研究開発してるのかな、経木や竹皮、葉っぱを使うのかな。常時器を持参しないと買い食いできないとなると不便だな。イギリスのスーパーだったかバナナの葉っぱで野菜を包むのは綺麗だし、そのままお皿に敷いてテーブルセッティングのイロドリになるような。

太陽電池のように稼働すればエコ風だが製造がエコでない素材だと気休めだ。

まあ自然破壊の手遅れにならないようにしないと他の生き物に申し訳が立たないね。

https://www.goodnewsnetwork.org/supermarket-replaces-plastic-packaging-with-banana-leaves/

サントリーと花王が植物由来のPETボトルとエアインフィルムにパッケージを切り替えると宣言。 これはリサイクルというより自然分解系なのかな。

2019年6月20日木曜日

【私事ですが】オリンピックチケット

抽選応募して無事に当てました。応募したのは乗馬クロスカントリー、乗馬障害、ボート、バスケ3on3、クライミング、近代五種。当たったのは馬事公苑の乗馬障害と海の森水上競技場ボート。
夏らしくテレビ中継少なそう=見たことない、渋いセレクトで当てにかかった。 裏をかいた。
皆なぜ"日本がメダル取りそうな競技""決勝"に応募するのか、そりゃ全滅するよ。日本全国から応募してるんだもの。
東京在住なら予選とかでいいじゃん、地元のイベントだし。
そりゃ地方の人は当たって上京する価値があるのは準決勝以上だもんね。 
近代五種が見れないのが残念、近所が練習会場になるのでそれを見に行きます。 
ともかくオリンピック祭りに参加するイメージが湧いてきた。

当選メールにもリンクは張られてないのが本物、便乗スパムはリンクをクリックすると
トラップになってるとか、なるほど。
それにしてもVISA払いかコンビニ決済、同伴者氏名登録、今支払ってチケットは1年後に送られる、記念にしようと紙チケット配送にしたら配送料864円手数料チケット1枚324円取られるし。いろいろ文句言われそうな手順だが、ちゃんと機能したら今後のイベントにチケット販売フォーマットになりそうな試みっぽい。

2019年6月14日金曜日

【私事ですが】アマゾンレビューを書いている

最近図書館通いしている。ネットで検索して取り寄せて、順番が来たらメールでお知らせが来る、便利だ。
手元に本が残らないのも助かる。順番待ちが50人になることもあるがだいたい4ヶ月で回ってくる。

読んでも忘れる(自分のkindleのリストを見ても、内容を綺麗さっぱり忘れている。やはり2回読まないと残らないのか)ので、この頃はアマゾンのレビューに書いている。少しずつ増やしていこう。あまり長いのは自分でも読んでてめんどくさいので短め。

小学生のとき読書感想文はどこまであらすじを書かなくてはならないのか、どこまで飛躍して自分の考えたことを書いていいのかわからなかった。今はそんなこと気にしないで書けるのがいいね。

次世代チェキに思うこと

久しぶりにハンディサイズ機器のダウンサイズのニュースを聞いたような。 
富士フイルム、音まで「撮れる」チェキを発売  

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45993980S9A610C1X12000/

チェキのプロダクトデザインリニューアルやチェキフォーマットのプリンタ(pivi)の商品開発、飾り方や撮影シーンの提案などいろいろ関わってきたが、当時感じていたのは
"カメラのサイズの割に写真サイズが小さすぎる"
そもそもな意見になるので言いませんでしたが、いや言ってたか。

当時も"シャツの胸ポケットに入るくらいの"とHさんも言っていたが、諦めずに言い続けて、エンジニアも今更ダウンサイジングの検討して、今実現する技術だか素材だかが見つかって、諦めないって大事だな。
15年くらいかかったな、やっと旅行に持ち歩くサイズになったみたい。
それにしても音再生がメインでサイズについてはちょっとしか記事になってない。当社比では訴求が弱いのか、従来品も売るからあまりアピールしないのか?